マッスルゴルファーO
気性の激しいラーム選手なので、スイングも激しいのかと思いましたが、テイクバックが小さくコンパクトなので驚きました。マキロイなどのハードヒッターに比べ小さいスイングに見えますが、飛距離は変わらないですね。
コンパクトなスイングなのになぜこんなに飛ぶんでしょうか?

PGAプロ荻原拓人
アドレスから右にかなりウエイトを乗せ、腕の動きを最小限にし、コンパクトなトップ1に対し2のフォロースルーで最大限の加速をしていますね。コンパクトながらしっかり捻転もしていて、そこからの地面を利用してのフォロースルー!いっぱい手先を使って無駄に大きなトップのアマチュアゴルファーにはかなり参考になるのでは?

アマゴルファーK
松山英樹みたいな高いトップでバシッと打とうとして力んでミスショットすることが多いので、これからはジョンラームのコンパクトなトップを参考にします!
おすすめの記事